論証型レポートにむけて

最終更新: 2018年10月11日


 秋学期がはじまり、論証型レポートにむけての取り組みがはじまりました。

今期はテーマ設定とSDGsを関わらせて考えるという新しい取り組みを導入しています。

教材も一部改訂してすすめています。

 学生の取り組みをサポートしつつ、効果的な内容、指導法を模索していきたいと思います。(春日美穂)                   

                       

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍のなかで

本研究では2020年1月から3月まで、集中的に学生の成果物(意見文)を分析し、今後のカリキュラム策定にいかしていくことを予定していました。分析には、大学院生の方などのご協力も得ていました。 しかし、予想だにしていなかったコロナ禍の影響を、本研究も受けることになりました。まず、研究協力をしてくださっている方々の安全を守るため、分析作業を停止せざるをえなくなりました。また、研究者同士も対面で実際の成果

論証型レポート

現在、秋学期の論証型レポートの作成が終わり、回収したため確認作業をはじめています。確認作業をはじめています。 でも…。 かなり確認してきたはずなのですが、調査報告型レポートの域を出ないレポートが散見されます。 授業での導き方の甘さ、不足さを痛感しています。 論証型レポートとはどういうものなのかをどうやって理解させるか、それにむけてどうやって問いをたてさせるか、論証させるか、考えさせるか… 課題は山

レポート「はじめに」のピアレビューを行いました。

現在2000字~4000字のレポート作成が進行中です。 来週の授業で完成させて全体についてピアレビューを行う予定です。 今週はそれにむけて「はじめに」を完成させてピアレビューを行う取り組みをしました。 事前に「はじめに」に必要な要素として、資料引用をしたうえでの問題の背景の説明、問題提起、主張(今回は具体的な方策を述べる形)があることを説明しています。 今日はグループでその要素があるかを確認しつつ